モルヒネの作用と看護

医療情報

どーも男性看護師kazuです。

モルヒネ。
と聞くとみなさんどんなイメージを持ちますか?

「覚せい剤・麻薬はダメ!ゼッタイ!」と
小学校のころから教育されてきた私たちはモルヒネは「依存性のあるやばい薬」というイメージを持っているかもしれません。
また医療用麻薬としてのモルヒネをご存知の方でも「もう何もできなくなってから使う最後の薬」という感覚でしょうか。

現場で「痛みに対してモルヒネを使いますか?」というドクターからの問いに顔がこわばる患者さん・家族をたくさん見てきた気がします。

でもわたしからすれば、モルヒネやその他の医療用麻薬は導入時期や使用量のコントロールによって疼痛や苦しさから解放され得るまさにやばい麻薬(使ったことないですが)のような薬です。

今回のテーマはそんな

・モルヒネの作用と看護

について述べていきたいと思います

実際どんな時に使うの?

わたしの過去に所属していた緩和ケア病棟では、

呼吸困難感

痛み

に対してモルヒネが用いられることが多いです。特に痛みの関してはがんの患者さんの疼痛緩和に使用されることの多いのがモルヒネです。

「がんによる痛み」

「がん治療による痛み」

「がん・がん治療と直接関関連のない痛み」

に分類されるがん性疼痛に対して使用されます。
痛みや苦しさが緩和されるというのがモルヒネの作用であり、モルヒネを使用する目的です。

モルヒネの作用機序

モルヒネは感覚神経による

痛覚伝達の抑制や、脳の知覚領域における情報伝達経路の興奮抑制により鎮痛作用をもたらします。また中枢神経系を興奮抑制することで

鎮咳作用(咳止め効果)、

末梢神経への亜用とし消化管運動抑制作用(下痢止め効果)をもたらします。

モルヒネの薬を使うことで今まで痛くてご飯を食べる気にもならなかった患者さんがご飯を食べることができたり、苦しくて辛かった患者さんが家族と穏やかに時間を過ごせるような場面に立ち会うこともあるのです。

 

モルヒネ使用の基準

痛みに対する薬は、私たちが普段薬局で買える弱めの非オピオイド薬からオピオイドというモルヒネ含む強めの痛み止めなどさまざまです。
痛くなったらモルヒネを使うという簡単な選択ではなく、痛みの段階をおって薬の量を調節したり、患者さんの身体の調子によって薬を変えたりしていきます。そして鎮痛剤投与のガイドラインに沿って必要ならモルヒネを使用するという選択肢が本人や家族に伝えられます。

呼吸困難がある人は飲むのが難しいのでほとんどの場合、点滴で注射されることになりますが、他の医療用麻薬は飲み薬やテープタイプ、座薬タイプの痛み止めも使われることがあります。

モルヒネ使用時の看護

私たち看護師は、患者さんがモルヒネを使っている時、注意してみる点があります。モルヒネに限りませんが、痛みや呼吸困難感の緩和を目的に医療用麻薬を使用しているので、痛みの程度・呼吸困難感が緩和されたかの観察は必須です。

特にモルヒネは呼吸抑制の副作用もあるのでモルヒネの使い始めは呼吸状態については注意して観察します。

呼吸抑制が生じる前には眠気を生じるため、眠気を観察し、眠気が生じた段階で鎮痛手段の見直しと評価を行うことが重要になります。

また、他にもいつくか出現しやすい副作用症状があり、それらに対しても患者さんが過ごしやすいように対症療法を行っていく必要があります。

・便秘
―下剤の量を調節、温罨法
・悪心・嘔吐
―制吐剤の使用、食事内容・量の調節
・眠気
―モルヒネ量の変更
・せん妄
―モルヒネ量の変更、生活リズムの援助 などです。

特に、モルヒネを使用することで起きていられなくなることを嫌がる患者さんもいるので、患者さん・家族のニーズに合わせて必要に応じて眠気と疼痛のバランスを取れるよう医師の指示のもとモルヒネ投与を行っていきます。

まとめ

いかがだったでしょうか。
必要なときに必要な人がモルヒネを含む医療用麻薬を使用して、よりよいときが過ごせるようにお勉強していきましょう。

以上男性看護師kazuでしたー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました