保健師の仕事と待遇は?

看護師情報

どーも、男性看護師kazuです。

皆さんは保健師に対してどんなイメージがありますか?

僕の中では地域の健康相談役的なイメージがありました。

実際のところはどうなのでしょう。

という事で今回は

・保健師の仕事と待遇は?

 

というテーマでお話させていただきます。

保健師の役割とは

地域住民または従業員の保健指導や健康管理が保健師のおもな役割です。

保健師は、健康相談や家庭訪問など個人の支援から、地域全体や企業単位での健康指導や健康管理を担います。

乳幼児から高齢者まで、幅広い世代が健康に過ごせるようサポートします。

行政や病院、企業など様々なところに所属し、業務内容もとても広いのが特徴です。また、保健師は、看護師免許と保健師免許の2つが必要です。

 

2.保健師の働く場所と主な内容

①行政保健師(県)

都道府県保健師で最も多い配属先が保健所です。

管轄している複数の市町村と連携を取り、その地域の健康課題の調査や対策、施策の運営、管理などを行います。難病、精神疾患、感染症、結核などの業務があります。

訪問業務や、精神疾患患者の通報対応、結核発生時の病院との連携などがあります。また、保健所単位で、性感染症検査や、自殺対策の相談会を行うこともあります。

さらに災害時は、市町村と連携をとり、避難所運営など行います。精神疾患や結核の対応で訪問業務はありますが、住民と接する機会は市町村保健師と比べると少ないです。

都道府県保健師は、本庁に配属されることもあります。さらに住民と接する機会は減り、行政や福祉の根幹に関わる業務に就きます。

「健康づくり推進実施計画」の策定や、各機関と調整を図りながら保健・医療・福祉の包括的なシステム作りを行なうなど、都道府県全体の課題が対象となるため、まとめ役としての能力も求められます。

また、県内の保健師たちをまとめて研修を開催することもあります。

その他に、精神保健センター、県立病院など、県立施設での勤務もあります。県立の看護学校をもち、保健学科がある場合は、教員として配属される場合もあります。

 

②行政保健師(市町村)

配属先は主に健康づくり課などの部門のことが多いです。主に、母子保健、成人保健、高齢者保険、精神保健の分野に分かれています。

母子保健は、主に乳幼児健診を担当しています。それぞれの家庭に合わせた相談にのっています。成人保健では、生活習慣病対策が中心です。高齢者保健では、介護問題も視野に入れています。精神保健では、うつ病などの精神疾患を担当しています。また、個別のケースに関しては、担当地区に合わせて、それぞれの保健師が対応しています。

政令指定都市や中核市は保健所を設置しています。感染症業務に関しては、都道府県の保健所業務と同様のことを行うことが多いです

 

③産業保健師

産業保健師は企業などに所属することが多いです。民間企業において、そこで勤務する社員たちの健康管理に携わる役割があります。

検診結果に対する指導や、精神面の相談に応じます。労働者たちが病気になってしまうことを予防するために、産業保健師は大切な役割を担っています。

 

3.都道府県保健師1日のスケジュールの例

とある都道府県保健師の1日

8:10     保健所に登庁

8:30     勤務開始

メールチェック、業務確認

係内で打ち合わせ

9:00     性感染症、風疹抗体検査業務

実際に採血をして、検査し結果を伝える。

11:30    検査終了、相談内容の記録、片付け

12:00    お昼休み

13:00   午後の業務開始

結核患者の服薬確認や相談対応の訪問

(地域DOT)

14:00   訪問記録作成

15:00   精神保健関する相談会

17:00    相談会終了、記録、片付け

17:15    業務終了

残ったことを確認し翌日の業務を確認して 退庁します。

*相談会や緊急の対応によって、時間の動きが変わります。

 

4.保健師の待遇について

①休日、オンコールについて

基本的には土日祝日は休日です。しかし、行政保健師の場合、災害時など緊急時は出勤する必要があります。

また、各自治体によりますが、保健所保健師は、感染症発生時や、精神疾患患者の23通報時は出勤する必要があります。保健師内でオンコール体制になっていることが多いです。

 

産業保健師は、所属する企業により、異なります。

 

*第23条 警察官は、職務を執行するに当たり、異常な挙動その他周囲の事情から判断して、精神障害のために自身を傷つけ又は他人に害を及ぼすおそれがあると認められる者を発見したときは、直ちに、その旨を、最寄りの保健所長を経て都道府県知事に通報しなければならない。

 

②給料の相場

行政保健師の初任給は20万前後と言われています。自治体によって大きく違ってきます。

都道府県の初任給(例)

東京都 229,200円(2020年)

石川県 207,200〜219,400円(2020年)

広島県 234,700円(2020年)

和歌山県 218,100円(2020年)

宮崎県 212,600円(2020年)

市町村の初任給(例)

福岡県福岡市 205,920円(2020年)

長野県松本市 182,200円(2020年)

富山県立山町 182,200円(2020年)

長野県麻績村 182,200円(2020年)

北海道札幌市 184,885円(2020年)

 

③転勤について

市町村保健師は、各市町村内の保健センター間での移動はありますが、市町村内ですので、基本的には転居は必要ありません。稀に都道府県保健所への出向もあります。都道府県保健師は、都道府県内の移動があるため、広い自治体では転居が必要になることもあります。

 

5.まとめ

以上になります。この記事を読んで少しでも保健師のイメージが湧けば幸いです。

男性看護師kazuでしたー。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました