【男性看護師】男性看護師って何歳まで働けるのか【必見】

看護師情報

どーも男性看護師kazuです

最近、夜勤続きでお疲れ気味な僕ですが

ふと思う事があります

看護師の仕事ってきつい…。何歳までできるんだろう。

という問題。

特に不安なのが、病院でベテランの女性看護師さんは良く見るけど

ベテランの男性看護師さんってほぼ見ないor全く見ない

という事実。

という事で今日は

男性看護師って何歳まで働けるのか

というテーマで話していきます。

 

男性看護師は何歳まで働ける?

まず、結論から述べると男性看護師だからといって定年まで働けないという事はないです。

女性と同じように60歳まで勤め上げる方もいます。

しかしながら実際にそんなベテランの男性看護師さんを見る事って少ないですよね。

これには複数の要因があります。

①単純に看護師を辞めてしまっている

これはそのままの理由ですね。看護師は肉体的にも精神的にもハードな職業であります。

特に夜勤もあるので生活のリズムも乱れてしまい、体調を崩される方も多くいます。

肉体労働的なところもあるので、腰痛やヘルニア持ちの人なんかも僕の同僚には結構います。

 

若いうちは体力があるので何とか業務をこなす事ができますが

年齢を重ねたときにそういったハードな業務をこなす事ができずやめてしまう男性看護師は多いようです

②働きやすい職場に転職している

そもそもなんですけど、男性看護師自体が、女性看護師と比べても少ないですよね。

たしかまだ1割未満とかだったはず。

そんな女性社会の中で男性看護師が取る行動は

男性看護師が多い職場へ転職するということです

男性が多い職場って想像つきますか?

一般の方たちからすると難しいと思いますが

・精神科

・救急科

・オペ室

 

これらの科に所属している男性看護師さんってかなり多いです。

こういった科って結構特殊な科だったりするので、一般的な病棟とかに比べて普段目にする機会ってあまりないんですよね。

ですので、これらの科に実際に行ってみると男性看護師さんの比率の高さに驚かされます。

皆さん、ここにいたんですね!

って僕は初めてみたときに思いました(笑)

 

これらに共通しているのは力仕事が多い事です。

男性は女性と比べると当然力がありますから

やはり自分の特性や特徴を活かした場所、求められている場所で働くって事は大切ですからね。

男性看護師を続ける一番のメリットって

 

女性の看護師さんと比べると僕たち男性看護師って

結婚、出産、育児などのライフイベントで職場を離れる事が少ないんですよね

ですので必然的に長く職場に居続けることが多い。

そうなってくると

キャリアアップするチャンスが他の職種よりも多い傾向にあるともいえます

実際僕も今の病院では主任を務めています。

他にも学生時代や働き始めてからも師長や、はたまた看護部長が男性って例も数多く見てきました。

キャリアアップすれば、年収もアップする場合が多いので多少生活も楽になります(笑)

僕が思う男性看護師を続ける一番のメリットはそこにあると思いますね。

 

他にもメリットや逆にデメリットもあるのですが、それはこちらを参照ください!

 

まとめ

男性看護師だからといって定年まで働けないということはないので、少し安心しました(笑)

男性看護師の皆さんは自分の求められている働きやすい職場で働かれている場合が多いようです。

 

転職を考えている方は先ほど挙げたような科に就職すると長く働く事ができ

さらにはキャリアアップのチャンスもあると思うので参考にしてみてください。

 

では今回はここまで

男性看護師kazuでしたー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました