僕はADHDの男性看護師です~コンサータ編~

ADHD関連

どーも男性看護師kazuです。

最近は僕のADHDに関する記事を書いています。

これまでには

僕がADHDと診断された経緯の記事

ADHDの治療薬であるストラテラに関する記事

これらについて書いてきました。

 

 

それで僕にはストラテラではADHDの改善することはなかったところまでお話したと思います。

 

ですがADHD治療薬はストラテラ以外にもあるんですね。

 

という事で

ADHD治療薬(コンサータ)を飲んでみてADHDの症状がどう変わっていったのか。

という事をテーマに今回はお話をしていきたいと思います。

コンサータ

前回の記事で話したとおり、僕にはストラテラはADHD症状の改善がないことに加えて

副作用が多く出たという経緯がありました。

そのため先生にそのことを伝えると

合わなかったか。でも他にも薬はあるからそれも試してみてもいいかもしれないね。コンサータって言うんだけど…。

 

コンサータ?

聞きなれない薬でした。それになぜか先生も少し言葉を選んで僕にコンサータについて説明してくれました。

 

コンサータってどんな薬?

ADHDはドパミンやノルアドレナリンなどの脳内伝達物質の不足などによっておこるとされています。

コンサータはドパミンに作用するお薬です。

ドパミンというと皆さん聞き覚えはある方ももしかしたらいるかもしれませんね。

ドパミンは気持ちを緊張させたり興奮させたりする神経伝達物質です。

 

いや、興奮というよりも「覚醒」といったほうが分かりやすいかもしれません。

 

ADHDの脳というのはドパミンが不足している事で半覚醒状態という状態にあることが多いらしい。

 

言葉で表すと、頭がモッサリとして体はダルい感じ。

 

ADHDの人はこの状態を脱したいがためにドパミンを出すような行為、男性はギャンブルや薬物や暴力、お酒、女性は買い物やセックスに依存しやすいらしい。

 

話が少しそれましたが、

 

要はコンサータは覚醒作用のある覚醒剤なのです。

もちろん覚醒作用はゆっくり現れるため、俗にいうハイになるみたいな事はないみたいですけどね。

 

少し考えさせてください

正直覚醒作用のある薬と聞いて拒否反応が出てしまった。

自分が薬物依存のような状態になってしまったらどうしようというような不安が強くありました。

ひとまずそのときの受診の際には薬は保留にしてもらいました。

コンサータ保留。しかし変わらぬ現状。

コンサータに拒否反応を示した僕はコンサータの内服を保留にした。

「覚醒剤を飲むくらいなら努力で何とかしてやる」というような思いもあった。

しかし、現実は甘くなかった。

看護師をしている以上、患者さんの急変に当たることがある。

そして僕は、急変に”当たりやすい人”なのだ。

ある日、案の定急変に当たってしまう事が合った。

しかし、頭が真っ白になってしまい身体が動かない。

結局先輩に対応してもらう事になった。

 

本当にふがいなかった。自分が嫌になって消えてしまいたいと思った。

生まれつきの障害って僕に責任はないはずなのに。

なぜこんな目にあうのだろうと思った。

 

でも自分と他人の人生は取り替えることはできない。

今の人生を自分を変えられるのは自分だけだ。

やれる事は何でもやってみよう。

そう思いコンサータの内服を決意した。

コンサータ開始

次の受診のときにコンサータの内服すると先生に伝えました。

先生はコンサータは飲み方を誤らなければ特に危険はないお薬だという事を再度説明してくれました。

さてここからはコンサータを実際に飲んでみてのレビューをしていきたいと思います。

不注意に対して

結論からいうと世界が変わったようでした。

あらゆることに気が散っていた僕が一つの事に集中できるようになったのです。

さらに看護師は多くの業務があり、それも時間が決められているので

タイムスケジュールを組んで動かなければ業務にならないのです。

僕はこれが苦手で、そのせいで仕事がうまく進まないなんて事が多々ありました。

 

しかし、コンサータを飲んでからはタイムスケジュールを頭の中で組んでそれ通りに動く事が

できるようになったのでした。

 

また急変時の対応も完璧とまでは行かないながらも、先輩看護師に助けてもらいながら何とかこなす事ができるようになりました。

 

コンサータを飲んだ事で仕事が人並みにこなす事ができるようになった事で自己肯定感はかなり向上しました。コンサータ万々歳と言ったところですね。

ちなみに依存性は全くなし。僕は仕事のとき以外は絶対に飲まないようにしていました。

 

コンサータは集中したい日だけに飲むお薬だからです。またそれ以外の理由もあるのですが後述します。

さて、いいことばかりのように思えるコンサータ。しかし薬を飲む事は副作用も伴う事になります。副作用について説明していきます。

不眠

これは薬の特性上仕方のないことなのですが、覚醒作用のある薬なので薬の効果が切れるまでは眠ったりすることはできません。というより眠れません。

 

大体12時間くらいで効果が切れるのでそれを踏まえて内服時間を検討しないといけません。

 

僕の場合は夜勤がある看護師なので仮眠の時間が合ったのですが

どうしても勤務時間との兼ね合いで内服時間をどうしようにも仮眠時間中に薬の効果が切れず眠れませんでした(笑)

まあ障害のない方でも仮眠時間で眠れない人ってますからね!ここは目をつむってました。

緊張

覚醒作用のある薬ですので、心臓が動悸とまではいかないまでもドキドキしていました。

実際に頻脈傾向にありました。

ですので鎮静を促すような薬を飲む事でこの症状をおさえて対応してました。

血圧上昇

心臓がドキドキして頻脈になっていたと説明しましたが、血圧も上昇していました。

大体140台くらいだったかな?高血圧に該当します。

元々血圧は100~120台だったのでかなり上昇していますね。

それに年齢も考慮すると後々何かしらの疾患のリスクとなりえる値です。

 

これもドパミンという特性上しかたのない部分ではありました。

というのもドパミンは昇圧剤といって血圧を上げる目的で使用される薬剤でもあるのです。

ですのでこちらは降圧剤を内服する事で対応しました。

 

コンサータを飲んでみて

以上コンサータを飲んでみてのレビューでした。

僕としてはデメリットよりもメリットが大きかったので内服継続を決めました。

またデメリットに関しても他の薬を飲む事で十分対応する事ができたのが大きいです。

終わりに

ストラテラのときにも述べましたが、こちらはあくまでも個人的なレビューになります。

この記事を読んでくれているADHDの方はしっかりと主治医と相談し、作用と副作用を理解したうえで内服検討をしてみてくださいね。

では男性看護師kazuでしたー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました