僕はADHDの男性看護師です~ストラテラ編~

ADHD関連

どーも。男性看護師kazuです。

前回はADHDの診断を受けたところで話が終わってしまったので

今回は

ADHD治療薬(ストラテラ)を飲んでみてADHDの症状がどう変わっていったのか

という事をテーマにしていきたいと思います。

ちなみに前回までの話はこちら

障害への受け入れ

kazu君はADHDの傾向があるかもしれないね

この言葉を先生から聞いてから、先生がなぜこういった診断につながったのか

説明をしてくれました。

ですが頭に入ってはきませんでした。それはADHDの症状で話が入ってこないのではなく

自分がADHDの患者というショックを受け入れられないという思いが頭から離れないからでした。

 

「これから先、自分はADHDの患者として生きていかなければならない。」

「仕事はやめないといけない?どうやって生きていけばいい?」

 

 

もともと看護師の資格を取ったのも、資格を取れば職を失う事はないという安心感もあったので

それが崩れ去ったショックは計り知れませんでした。

マイナスな思考が頭をぐるぐるとめぐります。

 

 

だから、ADHDの薬を飲んでみて様子を見てみましょう。

 

そこでふと我に返りました。

あ、ADHDって薬があるんだ!

 

薬を飲めばなんとか社会で生きていけるかもしれない。

 

絶望していた心に一筋の光がみえた気がしました。

ストラテラ

期待に胸を膨らませた僕が最初に処方された薬は

ストラテラという薬でした。

ADHDはドパミンやノルアドレナリンなどの脳内伝達物質の不足などによっておこるとされています。

ストラテラは主にノルアドレナリンのに作用して、脳内神経伝達物質の働きを増強し、ADHDの症状を改善するお薬です。

ストラテラは徐々に血中濃度を上げていくお薬という事で最初は低容量からはじめ、徐々に容量を増やしていくという内服方法を行っていきました。

実際に飲んでみて

僕がストラテラを飲んでみて実際に感じた事をレビューしていきます。

あくまでもこれは僕の場合なので、参考までにとどめてください。

ちなみに僕はこの薬を飲み始めた頃には、いろいろあって職場を変えています(笑)

そちらもご了承ください。

不注意に対して

これ、一番効いてほしいところですよね。

でも僕には残念ながら効果は感じられなかった

僕はこの薬を飲むときにネットでいろいろな人のレビューを読んだりしたのですが

薬を飲んで効果のあった人は

「頭の中がすっきりして仕事に集中できるようになった」

「前はいろんな思考がごちゃごちゃになっていたけど、静まり返った感じ。」

というような意見を話していました。

 

しかし、僕の場合は薬を飲んでも普段と変わった様子は何もなし。

残念ながら新しい職場でも早速ミスをしていた。

動悸

これは薬の飲み始めに出ました。

 

動悸がして、これはやばいとベッドで1時間ほど寝込んでました(笑)

しばらくすると治まり、その後ストラテラを飲んでいて動悸が出る事はありませんでしたが

僕はそれまで風邪薬くらいしか飲んだ事がない人だったので、薬の副作用の恐ろしさを初めて感じた瞬間だったかもしれない。

 

便秘

こちらは薬の用量を増やしていくうちに症状が出てきました。

毎日1日1回は出ていたものが、3日に1回ぐらいのペースになった

しかもかなり硬便。看護師をしていると患者で便秘の人は珍しくなかったのですが

まさか自分がそうなるとは思いもしませんでした。

不眠

僕の場合は夜に眠れないというよりも

睡眠が浅くなった

という表現のほうが良いかもしれないです。

寝ていてもすぐに目が覚めてしまう。

おかげでストラテラ内服期間中はいつも5時半起きでした(笑)

口渇

口が渇きます

水分摂取をマメにしないと口の中がパサパサしていました。

性障害

これナイーブな話題なんですけど、切り込んでいきます。

副作用の一つとして

性欲が減退する

というのがあります。

なので行為中もいろんな意味で最後までイクことができないなんてことが多々ありました。

 

 

うまい!

 

うまくねーよ!

…でもまじめな話

当時付き合っていた彼女とそういうことになっても最後までできず

気まずくなるって事がありましたので、彼女や奥さんにはしっかりと薬の副作用について説明をしておいたほうがいいなと思いました。

内服中止

結局僕にはストラテラはメリットはなくデメリットが多くでてしまう結果となったので

薬は中止となりました。

休憩

今日はここまでにします。

ストラテラは僕には合いませんでしたが、効果があって人生が変わったって人も多くいます。

ですので、ADHDの人はこれだけを鵜呑みにしないようにしてくださいね。

 

男性看護師kazuでしたー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました