【新型コロナ】レムデシビルの薬価は25万円!これって実はやすいんです【治療薬】

看護師情報

どーも男性看護師kazuです。

今ニュースを見ていたんですけどアメリカの製薬会社のギリアド社が

新型コロナウイルス治療薬『レムデシビル』の

先進国政府向けの患者一人に対する価格を設定したそうです

 

その価格はなんと

 

25万円!

これだけ聞くと高すぎるだろ!って思っちゃいますよね。

でもこれ結構良心的な価格みたいです。

ということで今回は

・新型コロナウイルス治療薬『レムデシビル』が25万円でも高くない理由

このテーマでお話していきます

コスト面

まず薬を作るためには多くの研究と開発費用がかかります。レムデシビルには今回新型コロナウイルスの治療薬としての期待が高く多くの研究費用が費やされました。

そういった事を加味すると、それだけでも1人当たりのコストは17万円程度はしてしまうそうです。

入院期間の短縮

『レムデシビル』は新型コロナ肺炎の重症患者の回復を4日早めると効果が示されています。

ギリアド社のCEOのダニエル・オデイは『アメリカで4日入院すると約1万2000ドル(日本円で約130万)かかる。効果が証明された治療法がない上、集中治療室が不足する恐れも考えれば、実際に市場が許容できる価格の上限はもっと高い可能性だってある。』としています。

まとめ

以上のことから『レムデシビル』は製薬の際にかかった研究・開発コスト。

また、入院費用を抑える事を加味すると決して高くはないんですね。

ちなみに

日本では新型コロナウイルスにかかってしまったら治療費はかかるの?

ご安心ください。日本では新型コロナウイルスは指定感染症に指定され、新型コロナウイルスで入院した人の医療費は公費で負担することになってます。

ですので治療費はかかりません。なのでたとえレムデシビルを使用する事になっても治療費は国が負担する事になります。

日本ってすごいですね。以上男性看護師kazuでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました