【看護学生】糖尿病の基礎知識【国家試験】

看護師勉強

どーも男性看護師kazuです。

看護師として働いていると必ずといっていいほど出くわすのが糖尿病患者さん。

当然のように接しているけど、意外としらない部分もあるかもしれません。

また糖尿病は看護学生の場合は国家試験でも頻出事項ですよね

糖尿病の基礎知識と国家試験対策の語呂合わせ

 

こちらにテーマを絞ってブログを書いていこうと思います。

 

糖尿病の基礎知識

糖尿病って高血糖状態が続く状態のことを言うんじゃないの?

 

そうなんだけどね。糖尿病は、血糖値を下げる唯一のホルモンであるインスリンの不足や分泌不全から生じるわ

糖尿病は膵臓のランゲルハンス島β細胞から分泌されるインスリンというホルモンの作用が弱くなって(インスリンは血液の中の糖をエネルギーに変えて血糖値を下げる唯一のホルモン)、体内の代謝が乱れて起こる病気です。

つまり。インスリンが足りなかったり正常に働かない事で血液中に糖が残ってしまうために、高血糖状態というのが作り出されるわけですね

 

1型糖尿病と2型糖尿病

「1型」糖尿病は、膵臓(すいぞう)のランゲルハンス島のβ細胞の破壊(自己免疫が原因)により、インスリン分泌が急速、負荷逆的に低下し高血糖になる状態を指します。小児~青年期に好発します。

一方、「2型」糖尿病は、インスリン分泌障害インスリン抵抗性に遺伝因子、環境因子が関与している考えられていますが、はっきりとした原因はまだわかっていません。しかし環境因子を取り除く事で2型糖尿病になるリスクを抑える事はできます。糖尿病患者の95%以上が2型といわれていて、中高年に多く発症します。

 

国家試験対策語呂合わせ①

糖尿病   若者  イチゴ   中年  煮物  が好き

(1型)      (2型)

インスリン分泌障害

日本人は欧米人に比べ遺伝的にインスリンが分泌されづらく、その分泌能力は欧米人の約半分であるとされています。当然インスリンが分泌される量が少なければ高血糖になりやすいといえます。

インスリン抵抗性

インスリン抵抗性とは組織におけるインスリンの感受性(ききやすさ)のことをいい、インスリン抵抗性の亢進はインスリンがききづらくなっている事をさします。

つまりどんなにインスリンが大量に分泌されてもインスリンが効きづらければ組織に糖を取り込めずに高血糖状態が維持されます。

 

2型糖尿病の危険因子

加齢
加齢により血液中のブドウ糖のインスリン抵抗性が増大し、血糖値が上がります。また、インスリン分泌能力も衰えて、血糖値が下がりにくくなります。

肥満
皮下脂肪が多いと、します。インスリン抵抗性が増大し、血糖値が上がります。

過食
過食によって必要以上のブドウ糖が作られると、その分、血糖値が上がります。血糖値を下げるために、より多くのインスリンを分泌するため膵臓は働きすぎて疲れてしまい、インスリン分泌能力が低下してしまいます。

運動不足
運動をすると、筋肉細胞内のブドウ糖がエネルギーになって燃焼されます。ブドウ糖が燃焼されれば血糖値は下がるのです。

妊娠
妊娠中に胎盤から分泌されるホルモンには、インスリンの働きを妨げる作用があります。このために妊娠をきっかけに糖尿病が発病することがあります。

ストレス過多
ストレスがあると、自律神経系や副腎などから、血糖値を高める作用のあるさまざまなホルモンが分泌されます。

大量飲酒
大量に飲酒する習慣があると、膵臓の機能が衰えます。その結果、内臓脂肪がたまり、インスリンの働きが不足してきます。

 

2型糖尿病の判断基準

空腹時血糖値:126mg/dl以上

随時血糖値:200mg/dl以上

OGTT2時間値※1:200mg/dl以上

HbA1c※2:6.5%以上

 

以上のような用件のいずれかを満たすと糖尿病と診断される確立が高いです。

※1 ブドウ糖75gを水に溶かしたものを飲み、2間後に血糖を計測する。

※2 10時間以上絶食した状態で計測。食事や運動などの影響を受けない過去1~2ヵ月の血糖の平均値。

国家試験対策語呂合わせ②

婿         は  空腹で  良い風呂

HbA1c6.5%以上) (空腹時血糖)  (126mg/dl以上

2時間後      におう

OGTT2時間値) (200mg/dl以上

常に        におう

随時血糖値)   (200mg/dl以上

 

糖尿病症状

尿糖・口渇・多飲・多尿が引き起こされます。

機序としては

高血糖状態

→尿に糖がもれ出る(尿糖

→尿を薄めようと水分多量摂取(多飲

→水分多量摂取による(多尿

→他尿によるのどの乾き(口渇

以上のような症状が引き起こされやすくなります。

 

糖尿病合併症

糖尿病腎症

→血糖値が高い状態が20年ほど続くと、腎臓が機能しなくなり人工透析が必要になる。

糖尿病網膜症

→失明原因の第1位。血糖値が高い状態が続く事で、目の血管が破れて酸素や栄養が届かなくなることで生じる
進行しても自覚症状が出にくく、ある日突然目の前が真っ暗になることが多い。

糖尿病神経障害

→神経細胞に血液が届かなくなり、全身の神経に障害が起こる。
発汗異常や起立性低血圧、便秘・下痢、男性の場合はEDも。

初期症状では足先や足底からはじまる痺れなどがあり、進行すると感覚が低下し痛みを感じなくなる。そのため傷などができやすく、血管障害や感染などが加わり、潰瘍や壊死が生じる

最悪の場合切断の必要もあり年間2万本もの足が切断されている。

国家試験語呂合わせ

もう真っ暗    神経    ジンジン

網膜症)    (神経障害) (腎症

 

 

まとめ

以上簡単ではありますがまとめさせてもらいました。

要望があればもう少し詳しく糖尿病についての記事を作成していきたいともいます。

 

では男性看護師kazuでしたー

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました