新型コロナウイルスで看護師に給付金! 対象は?いつ?いくらもらえるの?

看護師情報

新型コロナウイルス感染症対策の一つとして、医療従事者には国から慰労金が給付されることが決まりました。

 

「1人あたり上限20万円」とされていますが、誰に、いくら給付されるのでしょうか?

 

 

気になるのは看護師として働く以上、看護師はもらえるのかって所ですよね。

お金にうるさいkazuは気になってしょうがなかったので調べてみました。

もらえるのか…もらえないのか…

どっちなんだい!!

 

 

結論から言うと、

 

医療機関で患者さんと接している限りは全ての医療従事者・職員は給付金をもらう事ができます!

 

気になる給付額は?

図1 「新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業」の概要

出典:2020年度厚生労働省第2次補正予算案(参考資料)

 

 

図1によると、勤務先が、実際に新型コロナ患者に対応した医療機関・施設かどうかなどによって、1人あたり20万円、10万円、5万円と段階があります。

 

 

 

20万円の場合

 

こちらは都道府県から役割を設定された医療機関(重点医療機関、新型コロナ受け入れ病院、PCR検査センターなど)であり、新型コロナ患者の診療を実際に行った医療機関である必要があります。

 

 

また都道府県から役割を設定された医療機関でなくとも(病院、診療所、訪問看護ステーション、助産所)、実際に新型コロナウイルス感染症の入院患者を受け入れた場合は給付の対象になります。

 

ここが少しわかりづらいところですね。

 

 

10万円の場合

 

こちらは都道府県から役割を設定された医療機関(重点医療機関、新型コロナ受け入れ病院、PCR検査センターなど)の医療従事者や職員であれば給付の対象になります。

 

 

 

ポイントとしては、都道府県から役割を指定されていても、実際に新型コロナ患者の診療を行っていない医療機関というところですね。

 

 

5万円の場合

 

こちらは都道府県から役割を設定された医療機関以外の病院、診療所、訪問看護ステーション、助産所に勤務し患者と接する医療従事者や職員が5万円の給付の対象となります。

 

余談ですが私の勤務する病院は新型コロナウイルス疑いの患者の入院がありましたが、検査したところ、陰性でしたのでこちらに当たります。

 

 

 

介護施設・事業所・障害福祉サービス施設の場合

 

介護施設・事業所・障害福祉の場合でも新型コロナウイルス感染症が発生した又は濃厚接触者に対応した職員であれば20万円が給付されます。

 

新型コロナウイルス感染症が発生していない場合は5万円の給付になるようです。

 

 

 

 

給付時期は?

 

具体的な給付方法、時期などはこれから示されますが、7~8月ごろをめどに都道府県、医療機関・施設を通じて、対象となる個人に支給される見込みです。

 

以上になります。

 

ちなみに今回の慰労金はあくまで個人に給付されるものですので、病院や施設の収入になる事はありませんのでご安心を。

コメント

  1. […] それは新型コロナの医療者の給付金の記事です。 […]

タイトルとURLをコピーしました