Fラン中退コミュ障ブサメン…どうしようもなかった僕が、男性看護師を目指すきっかけ

看護師の日常

はじめまして。男性看護師として病院で勤務をしております。kazuと申します。

今回は「Fラン中退コミュ障ブサメン…どうしようもなかった僕が、男性看護師をめざすきっかけ」というネット広告のような胡散臭いタイトルをつけさせていただいた事をお許しください。という事で

・男性看護師を目指したきっかけ

というテーマに絞ってnoteを書いていきます。

なぜ男性なのに看護師を目指したのか

話はさかのぼって約10年前になります。当時のKazuは大学生をしていました。Kazuが行っていた大学はいわゆるFランク大学で看護師とは一切関係のない大学でしてた。というのも高校時代は頭の悪い高校に行き、部活は3年間続けましたが特に勉強をするでもなく推薦で入れそうな地元の大学を選んだ結果ですね。

意識低い系のKazuは大学生になっても特に勉強をがんばる事もなく、彼女を作ってリア充する事もなく、家の近くのバイト先でただただ惰性で働く日々でした。

「あぁ、こんな感じでなんとなくで人生って過ぎていくんだなぁ。このまま普通に就職して結婚して人生過ぎていくんだろうなぁ」

「いや待てよ…。Fラン卒で普通に就職できるのか?コミュ症で女の子とまともに話せないのに結婚なんてできるのか?」

なんてことを不安に思っていたのを覚えています。

特に就職については僕の時はリーマンショックだの何だの、絶賛不況中という事でいわゆる就職氷河期ってやつでした。

2ちゃんねるまとめサイト大好き人間だった僕は、Fラン卒でまともな就職は無理なんてスレを見つけては憂鬱な気分になっていました。

そんなある日、いつものようにまとめサイトという名の大海でネットサーフィンをしていると

男性看護師だけど質問ある?

というスレを発見しました。

きっかけは2チャンネルのまとめサイト

そのサイトにはいかに男性看護師という職業のコスパが良いかが書かれていました。特に

・就職に困る事がない

・年収は地方でも400万円以上は固い

・国家試験の合格率は90%近くで簡単になれる

といった事が書かれており、就職活動に恐怖を抱いていたカローラには非常に魅力を感じました

 

『そうだ。男性看護師になろう!』

 

 

 

今考るとアホですね。ネットの情報を鵜呑みにするなと説教してやりたい。お前はコミュ症だろうと。看護師は女性社会だろと。お前はブサメンだろうと。天然パーマだろうと

(天然パーマは関係ないですね)。

行動力の覚醒

 

しかし、これまで特定の職業を目指した事がなく、意識低い系だった行動力のないkazuにしては、その後行動力は目を見張るものがあったといえます。

話せば話すほど長くなるので簡略化させてもらいます。もしも一人でも需要がありそうなら簡略化した部分の詳細をお話していきたいと思います。

大学を中退⇒受験勉強⇒看護学校合格⇒看護師として働き現在に至る

めちゃめちゃはしょりました。申し訳ございません。

ですが今回は看護師を目指したきっかけをお話する約束でしたので、苦情等は受け付けておりません

 

そもそも誰もこの記事読んでないですけどね)

 

 

でも看護学校にいってからも看護師になってからも、何で看護師を目指したかなんて話になるんです。

けれども、みんな志が高くて夢にあふれていて、kazu自身本当の看護師を目指すきっかけを話す機会ってこれが初めてなんです。

それもそうですよね。みんな

「小さい時に入院して、その時に担当してもらった看護師さんにあこがれて…」

なんて話している中で

「2ちゃんねるをみて男性看護師を目指しました!!」

いえねーよって話です。はい。

看護師として実際に働いてみて

しかしながら、こんなわけのわからない理由で選んだ職業である看護師として働く中で意外なことに

間違った選択をしていたとは思っていません

といった事に記事を書いていくうちに気づかされました。

この気づきのきっかけをくれたブログに感謝です。

では今回はこれにて。

コメント

  1. […] 以前看護師になったきっかけという話をさせてもらいました。 […]

タイトルとURLをコピーしました